未分類

17歳の時の妻との馴れ初め!!

はじめまして!この度記事を担当させて頂きますタイガーです。よろしくお願い致します。

今回私事で恐縮ですが妻との馴れ初めをお話しさせて頂きます。
今年36歳になるのですが遡る事私が17歳の時です。

当時カラオケが好きでカラオケ屋にバイトに行ったのが出会ったきっかけでした。

第一印象は綺麗なお姉さんだな。って感じでした。(妻は可愛い男の子って感じで思っていたらしく、恋愛感情は特になかったみたいですw)入って間もない私を色々と教えてくれました。

バイト後は良くスタッフみんなで飲み会(バイト先カラオケ屋で)をし歌って朝まで過ごすなんて事も・・・(今じゃ考えられない。時代ですね。)

そんなこんなで、カラオケ屋のスタッフの特典はカラオケを無料で歌える(飲み物も自由)だったので、カラオケが好きな私は休みの日には【年上の綺麗なお姉さんに会いに行く+カラオケしに行く】という一石二鳥な有意義な時間を過ごしに行ってました。

そんな事を繰り返していたある日、たまたま帰るタイミングが一緒になり、途中まで帰る事になったのです。

お互い自転車での通勤で自転車漕ぎながら帰りました。(この時私はドキドキ。妻はなんともないw)
世間話しをしながら帰った訳ですが、帰って行ってるとある事に気づきます。

【あれ、なんか結構家近くね?】
自分の家の3件となりだったんですねw
(嬉しいw)
お互いビックリした所で妻は
【じゃあ、またね】と帰ろうとする。
ま、当然そうなんですが何を思ったのか私は【じゃあ今から上がっていい?】

朝の5時ですw今考えるとありないですねwいや、若いって素晴らしいw

妻は【え、無理だよ】ばっさりw
私は【え、何で?】(なんでじゃねーよw)

このみっともない争いは1分程度で終止符を打ちました。

私の完敗death www

その場は帰りましたが、一回寝たら来てもいいよと良く分からない理由で、昼位に行く約束をして昼になるのが待ち遠しくて仕方ありませんでした。

とはいっても、私も疲れていましたので仮眠を取り昼にはバチ!っと起きましたw

颯爽と準備をして向かいました。

正直家に上がるまで、本当に上がれるのか半信半疑でした。
インターホンを押すとオートロックが開きました。

部屋のインターホンを押すと【開いてるよー】と妻の声が。まさか自分で開けて入るとは思ってなかったです。

入ってみると部屋の中が暗い。
カーテン閉まっていて、妻はベッドの中でスッピン。

想定外でした。まさか寝てるなんて。
異性の部屋に上がる経験もなかったから
こんなものなのかとも思いましたけど、部屋に上がってからはあんまり覚えてないですw(ごめんなさい)

なんとなく覚えてるのは、電気付けてカーテン開けて昼食でもとったかな?って感じです。

お互いに大人の経験がなかったため、そんな行為には至りませんでした。

この日を機に、妻の家によく遊びに行くようになり気付けば泊まるようにもなりました。

付き合ってもないのに不思議な感じでした。言えば半同棲。

それが当たり前な状況。

そんな状況が2ヶ月程続いたある日、妻の方から問いかけがありました。

【ねぇ、私達ってどんな関係?】
まさかそんな事聞かれるなんて思ってなかったからかなり動揺しました。

【どうなんだろう?ね?】
女性陣の皆様。
イライラしないでくださいw
男の【お】の時もありませんねw

そんなやりとりをして、なんやかんや付き合う事になりました。(順序めちゃくちゃw)

まともに付き合うのは初めてでしたので何もかもが新鮮でした。

男だけど女子力高めの私。
女だけど、私より身長の高いモデルのような妻。

性格も男と女逆だろって感じのカップルです。

そこから月日は流れていき、1年、2年、3年と引っ越ししたり、妻の面接に付き合ってビルのしたで待ったりw
妻の仕事が終わる時間に迎えに行ったり。
妻の青春時代の好きな彼の写真を発見して嫉妬した私は写真を粉々に破ったりw
タイトスカート・網タイツは履かないでと嫉妬したりw
色々な所に旅行に行ったり。
思い出はたくさんありますね。

色んな事をやりましたね。

気付けば36歳ですよw

いや長いですよねー。改めて実感。当時はここまでなるとは思っていなかったので本当ビックリ。

喧嘩は割とあります。妻ははっきり物事言う性格なので。それでも、感情的になってすぐ【別れる、面倒くさい】という私を諦めずにずっと耐えてきた妻の忍耐力はすごいなと感じます。

感覚的には子供育ててる感覚と言ってましたねw

私がルーズ過ぎるからですね。今じゃ私も認めてしまっております。

妻のおかげもありだいぶ改善されましたが。

妻曰く、最近やっと20代になったなんて言われますww

28歳の時に結婚を機に子供を1人授かりましたが、父親という立場にありながらこの言われようはやはり恥ずかしいと思います。

幸い浮気もなく平和に来てますので、このまま生涯いけたらいいなと感じています。

そんな感じの【妻との馴れ初め】でした。

最後まで見て頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です