23133029_s
未分類

アラサーのアプリ婚活事情!結局は行動したもの勝ち

初めまして。

関西在住の29歳(女)
専業主婦のヒトデ(仮名)と申します。

私は、現在結婚1年目。

約2年前にマッチングアプリを通じて主人と出会い昨年、無事結婚に至りました。

主人と結婚して幸せな毎日を送れていることに心から感謝しています。

今日は、私が主人に出会うまでの経緯と出会ってから結婚に至るまでの経緯をご紹介していきます。

と、本文に入る前に一つ言っておきたいことがあります。

「アラサーだろうがアラフォーだろうが
今日という日が一番若い。結局は行動を起こしたもん勝ち」です!!!

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

主人と出会う前、私には25歳から約2年間付き合っていた彼氏がいました。

25歳から始まったお付き合いだったので
当然のごとく「結婚」も視野に入れていたし
「●●歳くらいまでには結婚したいねー」
なんて話もよく2人でしていました。

そんな中、突然の別れ。

些細なことがきっかけで喧嘩へと発展し
「もう君とは結婚は考えられない」とバッサリ。
当時27歳。

20代後半に差しかかり、周りのみんなが結婚していく中で突然フラれ独り身になった。

当時は、「別れたくない!」「悪いところ直すから!」と何度もアタックしましたが
彼の心に響くこと無く、儚く散っていきました。笑

当時を振り返ると、私は彼に対して
「好き」とか「一緒にいたい」という感情ではなく
「女性の25歳からの数年間!こんな大切な期間を捧げたのにどうしてくれんねん!」という「執念・執着・怒り」のような気持ちだけを抱いてように思います。

結果、別れてよかったし
私を振ったその彼は水面下で連絡を取り合っていた元カノとヨリを戻し結婚していました。笑

結婚すると思っていた人との別れは本当にショッキングな出来事で
「もう人生終わった」と何度も何度も繰り返し言っていたように記憶しています。

飲み会や、合コンなどへの参加率も極めて低かった私は
新たな出会いも当然のごとく希薄になっていたし本当に崖っぷちの気分でした。

そして、「このままでは結婚できない!」と
かなりヤケクソな気持ちでマッチングアプリへと手を伸ばします。

本当にヤケクソ。

だけど、例えヤケクソだったとしても
この「行動を起こしたこと」が結果として「結婚」に繋がったと思うんです。

マッチングアプリを始めた頃は
まさか自分がマッチングアプリで出会った人と結婚することになろうとは・・・

むしろ、マッチングアプリで出会う人なんて
遊び人ばっかりだろうから絶対嫌だ!とまでに思っていた程です。

私としては週末に遊んでくれる相手がいなくなったし
誰かに相手はして欲しいし、ご飯はタダだしラッキーくらいの本当に軽い気持ちで始めたものだったんです。

でも、マッチングアプリを初めてみて
私のような考えの人は50%くらいしかいないんだと気づきます。

逆に言えば、主人のように本気で婚活している人が
50%程度いるということになります。

ただ、そのことに気づいたのは
実際に結婚の話が具体的になってきた頃でしたが・・

マッチングアプリを使っていたときは
アプリでガチ婚活してる人が半分もいるなんてこと全く気づきもしなかったので
もし、この記事を読んでくださってる方の中に遊びだよーという方がいるのだとすれば本気の人もいるよ!と言いたいし
ガチ婚活をされている方がいらっしゃったらアプリ婚活大賛成です!!と声を大にして言いたいです。

話は戻りますが
実際に、私がメッセージを交わした人は7人でした。

私にとってマッチングアプリとは「心の穴埋め程度」だったので
メッセージが来ても「タイプじゃない」とか「絵文字の使い方が無理」とか「使ってる写真が無理」とか・・・
最低な理由で当たり前のように無視したものもたくさんありました。

でも、今からアプリ婚活をスタートされる方はやっぱりルックスにも拘った方がいいと思います!
将来の旦那様になる可能性も十分あるのです!!

そして、私は主人と出会います。
・メッセージ1日1通〜2通
・写真(トップ画や、その他の写真)
→仕事用の写真や趣味(車や食べ物やペット)
・プロフィール
→将来像がしっかりと書かれていて
「めちゃくちゃ変な人ではなさそう」という第一印象を受けた。
・初メッセージから会うまでの期間
→約2週間
・その後の会う頻度
→1週間〜2週間

ファーストインプレッションとして
プロフィールはとても大切だしちゃんと埋めておくことが大切だなと思いました。

そして、何度かメッセージのやりとりをした後はなるべく早く会うことが大切だなと。

1週間だと短すぎるしかといって3週間はちょっと長くてダレそうだし・・
2週間は今思うとベストな期間だったと思います!

お互いもういい社会人なのでメッセージだけで非効率的に関係性を進めることは
時間がもったいないように思っていました。

主人とはメッセージを10通くらい交わしてから基本は「電話」でした。

そして、実際に会って、話して、お互い色々知って・・・関係を構築する。

出会ってから2ヶ月くらいは食事のみでそのあとは、普通に映画やちょっとプチ遠出など
THEデート!って感じのことをしました。

全く知らなかった人だからこそ色々知りたかった。

そして、始めて会った時から約4ヶ月経った時に主人と正式にお付き合いを始めます。
もちろん、結婚前提でした。

そして、その半年後にお互いの両親に紹介し結婚も視野に入れていることを伝えました。

そして、去年結婚。

「結婚はタイミング」という名言がありますが確かにと感じた瞬間でした。

アラサーだと焦っていた、20代後半に差しかかる頃。
結婚適齢期の女性を捨てて、元カノと結婚した彼にむかついていた頃。

どれも私にとっては必要なことだったんだと思います。
この人だと思う人に出会ってなかっただけ。

ただ、それだけなんだと。

時代の変化とともに人との出会い方や「結婚」に対するイメージや
親の考えなども多様化しています。

私は、アプリ婚活は、方法を誤らなければとても効率的で確実で理想的な相手に出会えるいいものだと思うし
あの時、ヤケクソでも登録して始めてみて良かったなと心から思っています。

実際に私は今とても幸せです。

今後は、子供について考えていきたいなと思っています。
誰か知らない人が作ったマッチングアプリでの出会いだったかもしれませんが
結んでくれた縁を大切に温かい家庭を築いていきたいと思います。

読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です