耳川の戦い

2010年05月28日

薩摩島津家は、日向国島津荘(現在の宮崎県都城市)の荘官(荘園の現地管理人)として鎌倉より下向しました。
島津家初代、島津忠久は鎌倉幕府を開いた源頼朝の有力な御家人で薩摩、大隈、日向の守護大名となります。
しかしながら時代と共に大隅、日向はそれぞれの有力国人が支配権を確立して、島津宗家の実質的な支配地は現在の鹿児島市の一部で名ばかりの守護大名へと転落してしまいました。


伊作島津家亀丸城跡鎌倉時代から続く、名家島津宗家が他の守護大名と同様に風前の灯火に陥っていた天文2年、薩摩半島の南端、伊作島津家の居城亀丸城で後の16代島津当主、島津義久が誕生し、その2年後、天文4年同じ亀丸城で17代島津当主、島津義弘が誕生します。天文6年には歳久が天文16年には家久が誕生してこの4兄弟により薩摩島津家は絶頂期を迎えます。姶良市で最期を迎える島津義弘四兄弟は、現在は広葉樹の森が広がる薩摩半島の小さな山城から、岩剣城の戦い木崎原の戦い耳川の戦い沖田畷の戦い文禄/慶長の役関が原の戦いと続く数々のいくさを戦い抜いていくことになります。


伊作島津家亀丸城跡誕生石説明文伊作島津家亀丸城跡誕生石












伊作亀丸城跡は現在、広葉樹の森が広がり往時を偲ぶものはそれほどありませんが空堀や誕生石などを見る事が出来ます。

伊作亀丸城  鹿児島県日置市吹上町中原  


大きな地図で見る