島津義弘

2014年01月20日

姶良市加治木福祉センターで鹿児島県立図書館館長の原口泉氏の講演会が開催されます。講演内容は島津義弘×黒田官兵衛で姶良市ゆかりの戦国大名島津義弘と黒田官兵衛のお話をして下さいます。

原口泉先生歴史講演会
































































原口泉氏は南九州の近世史・近代史に造詣が深く、南九州や沖縄の歴史に大変詳しい方です。

原口泉氏












原口泉氏の歴史講演会 2014年2月15日 PM1:30〜3:00 姶良市加治木福祉センター 1F会議室  
お問い合わせ先  姶良市役所企画政策課市誌編さん担当  0995-66-3111 
大きな地図で見る 

2011年02月16日

姶良市桜島サービスエリアの北側の小高い山に中世の山城、建昌城があります。

桜島サービスエリアから見える建昌城跡現在は広葉樹が生い茂り往時の館などはありません。

桜島サービスエリアから見える北側の小高い丘が建昌城跡です。







建昌城跡建昌城跡へは桜島サービスエリアの裏側から行けるように整備されています。









建昌城跡100mほどの丘の頂きは広く
本丸、二の丸など8つの曲輪(くるわ)の山城です。

建昌城跡は、約13000年前から人が住んでいた居住跡があり、中世室町時代の頃に瓜生野城として本格的な山城が築かれました。






建昌城跡から見える桜島その後、江戸時代の初頭、島津家久が鹿児島市から本城を移す計画を立てましたが父、島津義弘がそれを許しませんでした。

その後に幕府の一国一城令により廃城となりました。




建昌城跡(けんしょうじょうあと/たてまさじょうあと)
 九州自動車道上り桜島サービスエリア北側



大きな地図で見る

2010年05月28日

薩摩島津家は、日向国島津荘(現在の宮崎県都城市)の荘官(荘園の現地管理人)として鎌倉より下向しました。
島津家初代、島津忠久は鎌倉幕府を開いた源頼朝の有力な御家人で薩摩、大隈、日向の守護大名となります。
しかしながら時代と共に大隅、日向はそれぞれの有力国人が支配権を確立して、島津宗家の実質的な支配地は現在の鹿児島市の一部で名ばかりの守護大名へと転落してしまいました。


伊作島津家亀丸城跡鎌倉時代から続く、名家島津宗家が他の守護大名と同様に風前の灯火に陥っていた天文2年、薩摩半島の南端、伊作島津家の居城亀丸城で後の16代島津当主、島津義久が誕生し、その2年後、天文4年同じ亀丸城で17代島津当主、島津義弘が誕生します。天文6年には歳久が天文16年には家久が誕生してこの4兄弟により薩摩島津家は絶頂期を迎えます。姶良市で最期を迎える島津義弘四兄弟は、現在は広葉樹の森が広がる薩摩半島の小さな山城から、岩剣城の戦い木崎原の戦い耳川の戦い沖田畷の戦い文禄/慶長の役関が原の戦いと続く数々のいくさを戦い抜いていくことになります。


伊作島津家亀丸城跡誕生石説明文伊作島津家亀丸城跡誕生石












伊作亀丸城跡は現在、広葉樹の森が広がり往時を偲ぶものはそれほどありませんが空堀や誕生石などを見る事が出来ます。

伊作亀丸城  鹿児島県日置市吹上町中原  


大きな地図で見る

2009年12月27日

島津義弘の愛馬、跪くり毛/ひざつきくりげのお墓をご紹介します。場所は鹿児島県姶良市鍋倉宇都にあります。
膝跪くり毛 ひざつきくりげのお墓跪くり毛/ひざつきくりげ、の名前の由来は諸説ありますが、現在の宮崎県を支配していた伊藤氏との合戦で主君、島津義弘が戦い易いように前足の膝を折って助けたとの故事で名前が付きました。

馬の左後ろの一段低い処には、馬の世話をしていた橋口対馬安重とその奥さんのお墓があります。跪くり毛/ひざつきくりげ、がいかに大切にされていたか良く分かります。

鈴かけ馬踊り30〜40年前は写真の鈴かけ馬踊り
馬が10〜20頭お墓の周りで踊りを
奉納していたようです。

お墓の場所は狭い道を通って行きます
車の運転はくれぐれも注意してください。



近くには、帖佐小学校ジョイフル西加治木店ヤマダ電機姶良店姶良サティ、があります。

跪くり毛/ひざつきくりげのお墓    鹿児島県姶良市鍋倉宇都


大きな地図で見る

2009年12月09日

鹿児島県姶良郡姶良町岩剣城をご紹介します。
中世から戦国末期に見られる山城です、現在は木々が茂っています。


岩剣城
標高200mの岩剣山頂に館を建てた
山城です。


重富小学校から見上げると山が急峻
な事がわかります。


1554年の岩剣城の戦いで島津氏が日本で始めて鉄砲を使ったと言
われています。
島津氏のなかで最も有名な武将、島津義弘はこの戦いが初陣でした
この戦いを端緒に島津氏は三州統一(薩摩、大隈、日向)、九州制覇
へと向かいます。


大きな地図で見る続きを読む