島津斉彬

2010年03月04日

姶良市と鹿児島市は九州自動車道国道10号線の2つの主要道路で繋がっています姶良市役所から国道10号線を15分程鹿児島市へ車で走った右側に西郷隆盛蘇生の家があります。

鹿児島市吉野町9792 西郷隆盛蘇生の地安政5年(1858年)ときの大老井伊直弼によって一橋派や尊皇攘夷の活動家らを断圧した、安政の大獄が始まりました。また西郷隆盛の最大の庇護者、28代薩摩藩主島津斉彬は公武合体、一ツ橋派の中心人物でしたが5月突然死去しました。
安政の大獄の取り締まりが厳しくなる中、尊皇攘夷派の僧月照が西郷を頼って薩摩に逃れてきました。
しかしながら薩摩藩は幕府の追求を恐れ、月照東目筋送りとしました。


東目筋送り
とは鹿児島市を出発し姶良市加治木町を通過し宮崎市高岡町去川の関を出たところで切り捨てる刑罰でした。
11月16日夜半西郷隆盛はこれを悲観し月照とともに鹿児島湾の竜ヶ水沖で船から身を投げました。

西郷隆盛が打ち上げられた花倉海岸月昭最後の地の碑西郷が助けられた花倉海岸(けくらかいがん)です。右側は月照絶命の碑です。西郷蘇生の家の近くに鹿児島湾を見ながら建っています。




          

西郷はその後同行していた平野國臣らに助けられました、西郷は運よく蘇生しましたが月照は絶命してしまいました。余談として西郷を救命した平野國臣は福岡藩士ですが西郷と交流がありました。平野國臣が詠んだ、‘我が胸の燃ゆる想いにくらぶれば煙は薄し桜島山‘は桜島を詠んだ詩として有名です。

鹿児島市吉野町9792 鹿児島市観光企画課 tel 099−216-1344


大きな地図で見る
続きを読む