小学校

2013年07月12日

2015年(平成27年)4月姶良市に誕生する新しい小学校、姶良市立松原小学校(仮称の名称が姶良市立松原なぎさ小学校に決まりました。今年度から建築が始まります。
姶良市立松原なぎさ小学校建設予定地




















建設予定地からは、雄大な桜島をのぞむことができます。

姶良市立松原なぎさ小学校建設予定地から見える桜島




















 姶良市立松原なぎさ小学校   姶良市松原町一丁目23番1号 TEL0995-73-7931
続きを読む

2012年04月23日

姶良市に、平成22年4月開校した霧島市の霧島市立天降川小学校に次いで平成27年4月姶良市立松原小学校が新設されます。
姶良市立松原小学校開校予定地














姶良市立松原小学校開校予定地













25000屬琉良市有地に建設予定です、建設地は分割される予定の、姶良市立建昌小学校から南側に800m位の位置です。現在、姶良市立建昌小学校は900人の小学校で敷地も狭い為に姶良市立松原小学校の建設が決まりました。

姶良市立建昌小学校













すぐ近くに松原地区公民館があります。

姶良市松原地区公民館













姶良市立松原小学校  姶良市東餅田3141(松原地区公民館の住所です) 2015年(平成27年)4月開校予定


大きな地図で見る続きを読む

2011年03月03日

姶良市小学校姶良市立北山小学校をご紹介します。北山小学校特認校に指定されています。

姶良市立北山小学校校門










特認校とは自然環境に恵まれた小規模校の特性を生かして、健康増進、体力作り、個別学習、体験学習等で豊かな人間性を育みたい保護者、児童の入学、転学を受け入れる制度です。
現在4学級、34人の児童が勉強していらっしゃいます。

姶良市立北山小学校  姶良市北山3783 TEL0995−68−0280 


大きな地図で見る続きを読む

2010年03月11日

姶良市のお隣、霧島市霧島市立富隈小学校をご紹介します。

霧島市立富隈小学校正門霧島市立富隈小学校は生徒数772人、1871年創立、139年(2010年現在)の長い歴史を持つ小学校です。
霧島市立富隈小学校の名前の由来は島津16代藩主島津義久が豊臣秀吉の九州征伐の後、豊臣秀吉により隠居させられ1594年鹿児島から移り住んだ場所に富隈城を築きました、その城名が由来です。
富隈城は島津17代藩主島津義弘
関が原の戦いから敵中突破により本国に帰還した際、兄である島津義久と対面した城です。







富隈城址霧島市立富隈小学校校庭









現在の富隈城は石垣を残すのみです。霧島市立富隈小学校は「つよく、正しく、美しく」を校訓に歴史のある小学校らしく人権教育やいじめの無い学校作りをしていらっしゃいます。大半の卒業生は霧島市立隼人中学校へ進学します。


東九州自動車道隼人東インター








2010年6月から無料化される東九州自動車道姶良市役所から富隈小学校近くの隼人東インターまで17〜18分程度の距離です。

霧島市立富隈小学校  霧島市隼人町真孝283−1  tel 0995−42−0227


大きな地図で見る

2010年03月08日

姶良市のお隣、薩摩川内市小学校薩摩川内市立大軣(だいごう)小学校をご紹介します。

                                                                    薩摩川内市立大軣小学校校門

1867年(慶応3年)創立された大村小学校と轟小学校が1977年(昭和52年)統合して大軣小(だいごうしょう)が誕生しました。

「つよく、やさしく、かしこく」が校訓です、また祁答院地区は以前から「パソコンの町」として4小1中で協力してきました、そこで現在見られる中学入学後の学力の落ち込み、不登校傾向の増加の解決が急務である為、義務教育期間9年の考え方を基本に小中一貫教育を導入しました。







薩摩川内市立大軣小学校校舎小中一環教育校は祁答院中学を中心に黒木小大軣小藺牟田小上手小小学校中学校4校です。卒業生は祁答院中に進学します。

大軣小(だいごうしょう)から姶良市役所まで40分程の距離です。






薩摩川内市立大軣小学校  薩摩川内市立祁答院町974 tel 0996−55−0009 


大きな地図で見る