2010年03月11日

姶良市のお隣、霧島市霧島市立富隈小学校をご紹介します。

霧島市立富隈小学校正門霧島市立富隈小学校は生徒数772人、1871年創立、139年(2010年現在)の長い歴史を持つ小学校です。
霧島市立富隈小学校の名前の由来は島津16代藩主島津義久が豊臣秀吉の九州征伐の後、豊臣秀吉により隠居させられ1594年鹿児島から移り住んだ場所に富隈城を築きました、その城名が由来です。
富隈城は島津17代藩主島津義弘
関が原の戦いから敵中突破により本国に帰還した際、兄である島津義久と対面した城です。







富隈城址霧島市立富隈小学校校庭









現在の富隈城は石垣を残すのみです。霧島市立富隈小学校は「つよく、正しく、美しく」を校訓に歴史のある小学校らしく人権教育やいじめの無い学校作りをしていらっしゃいます。大半の卒業生は霧島市立隼人中学校へ進学します。


東九州自動車道隼人東インター








2010年6月から無料化される東九州自動車道姶良市役所から富隈小学校近くの隼人東インターまで17〜18分程度の距離です。

霧島市立富隈小学校  霧島市隼人町真孝283−1  tel 0995−42−0227


大きな地図で見る

コメントする

名前
 
  絵文字