夫婦ふたりではじめての子育てした体験談

東京都郊外ではじめての子育て中、40歳女性です。39歳で妊娠出産し、息子は1歳になったばかりです。
夫は私の出産後すぐから8ヶ月育休をとっていたので、夫婦ふたりでの、はじめての育児となりました。帝王切開での出産だったこともあり、出産後1ヶ月は、思うように動けず夫が家事育児ほとんど頑張ってくれたので大変助かりました。私は授乳だけしてあとは横になっている感じでした。

噂には聞いていたけれど、本当に2、3時間に一度の授乳で夜はまとまって眠れず身体的には辛かったのですが、赤ちゃんがかわいくてかわいくて、また昼間には、夫に任せて眠ることもできたので、乗り切ることができました。
2ヶ月、3ヶ月くらい経って、少しずつ慣れてきはじめた頃、夫との喧嘩が増えてきました。夫はかなり自分のやり方を主張してくるタイプで、子育ても手伝う、というより自分主導で進めていきたいようで、夫のやりたいやり方を、私がちゃんとできていないと言って怒るようになってきました。わたしはやり方にこだわりなどなくおおざっぱな性格なので、適当にやっているように見えたのかもしれません。

ある日、夫が忙しく息子を沐浴させてくれているとき、私が様子を見ようとのろのろと立ち上がっていると「協力しろよ」と怒鳴られた日がありました。着替えのロンパースを用意したり、私に手伝いをして欲しかったのだと思います。まだ完全に回復していなかったので、テキパキ動くことなどできないし、何かしたくても体が追いつかなったのですが、夫には気遣ってもらえなかったようでした。そのことを産院で相談してカウンセラーの先生にしばらく話を聞いていただいたりしました。産後うつの可能性があるとのことで自治体の親子包括センターの方と連携していただいたり、かなり丁寧な対応をしていただき心強かったです。

夫もはじめての子育てで、その上家事もほぼすべて負担していっぱいいっぱいだったようで、私が動けるようになると少しずつ喧嘩も減って、4ヶ月の頃からは気持ちに余裕を持って毎日を過ごせるようになりました。
ただ、その頃から夫は午前中から15時くらいまでパソコンで仕事かなにかをするようになって(詳しくは何をしているのか不明)、その間は普段してくれているミルク作りやおむつ替え、泣いてしまったらあやしたり、をできないことが多く夫婦で家にいるのにほぼワンオペ状態、その上3食作らなければならずかなりきつかったです。息子のお世話に加えて夫の世話、そこにいるのになんでなにもしてくれないの?といらいらすることも増えてしまったので、夫がいない方がまし、と思う日も増えました。
夫の育休終了の近づいてきた頃には、家族3人で二子玉川や代官山など赤ちゃんと一緒にでかけやすい街へ出かけたり楽しく過ごしました。本当は生後4ヶ月の頃もこうやって楽しく過ごしたかった。

いま、男性の育休取得についてニュースなどでも取り上げられ、取得しやすい社会にしようと盛り上がっていますが、取得してどう過ごすかが重要だと思います。夫も、育休取得前に上司から「時間ができるから資格でも取れば」などと言われたそうです。育休=休み、時間ができる、という認識の人が多いと思います。取得する前は私もそう思っていましたが、育休って本当に自分の時間がとれないです。子がお昼寝したり夜寝かしつけした時間は、たまった家事と離乳食作り。本を読みたいと思って散歩がてら図書館へ借りにいきますが、一度も開かずに返すことばかりでした。
男性も育休取得できることになったら、事前に夫婦で役割分担について相談しておくとか、例えば午前中のお昼寝のときはパパの自由時間、午後のお昼寝のときはママの自由時間、みたいにあらかじめお互いの自由時間を決めておくのも良いかと思います。1時間程度でも、家事や育児から離れて静かにしたいことをしたり、少しひとりで散歩したりする時間というのはかなり大切です。その時間を毎日すこしずつでもお互いに作れる、ということだけでも、夫婦ふたりで育休をとることは意味があると思います。

いまは、夫は職場復帰し4ヶ月経ち、息子とふたりで過ごす日々です。最初は私一人では不安と思っていましたが、全然心配無用でした。ベビーカーで電車に乗ってお出かけするのも楽しくて、電車の中や街なかでぐずっても慌てずに対応できるようになりました。周りの方が声をかけてくれたり、気遣いがあたたかくて、日本って捨てたもんじゃないなあと思ったりもします。
私は高齢出産で、40歳直前に産まれた子だったこともあって出産することに迷ったり悩むことも多かったので、息子が可愛くて仕方ないです。もともと子どもが苦手なタイプで、友人の子とも全然仲良くなれなかったのですが、自分の子がこんなに愛おしいのかと毎日不思議に思いながら暮らしています。こういう場合はこうする、とかいろんなノウハウや情報がありますが、翻弄されすぎず、その子その子によって、その時その時によって、正解というのはないと思います。迷いながら、ドキドキしながら、愛しい息子との日々を楽しみながら子育てしていけたらと思っています。

 

【子育てサイト】首すわり前にバウンサー をいつからいつまで使うかの記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です